ブリーダーの見分け方

ブリーダーさんの見分け方を1つお教えしてしまいます。

ブリーダーさんのお宅に伺って「お婆ちゃん犬」がいるか、いないかを見てしまいましょう。

ブリーダーは子犬を繁殖させる特質上、飼育している内の大多数を雌犬が占めています。

当然、ワンコたちも加齢により年を取っていきます。

若い犬しかいないって不思議ではありませんか?

中高年から老犬にかけてのワンコたちはどこに行ったのでしょう。

加齢が進むほど出産できなくなり、ブリーダーの利益どころか金食い虫となった犬たちはどうなるのでしょうか。

動物の愛護及び管理に関する法律の罰則の強化により、保健所等の施設に持ち込み殺処分されるケースはほとんど無くなっております。

ならば・・・

妊娠しにくくなった中高年となったワンコを里親に出すとか、不要となった犬たちを引き取る商売もあるようです。

非常に気持ち悪いです。

同業者かもしれませんが大嫌いです。

  

ブリーダーの区別で「シリアス・ホビー・ブリーダー」という言い方があります。

「本格派の知識と経験を積んだブリーダーであり、趣味でブリードを楽しんでいる者」と和訳して良いでしょう。

ブリーディングを行うに、シリアス・ブリードは必須です。

命を紡ぐ者ですから、知識と経験もない方が行ってはいけません。

しかしながらシリアス・ブリーダーは、ついつい商売としてブリーディングを考えてしまい、犬を愛することを二の次にしてしまいがちです。

そこで前述したように老犬はビジネスにとって不要となってしまうのです。

犬を愛する気持ちが強いホビー・ブリーダーは大切ではありますが、「我が家のワンコは世界で1番可愛い」という感情だけで繁殖を進めてしまい、遺伝学やスタンダードに則ったバランスや質なども考慮しなくなってしまいます。

私はブリーディングにはどちらも重要であり欠かすことのできない資質だと思っています。

常に「シリアス・ホビー・ブリーダー」でいたいと考えております。

  

我が家に遊びにいらっしゃった際には、歯も抜けてしまい、ヨボヨボ歩いていたり、ほぼ寝っぱなしですが、我が家の家宝でもある婆ちゃん犬を見てあげてください。

声をかけて下さっても、もはや耳も聞こえにくくなってしまっていますが♪

  

ドッグブリーダー パピーズママ

puppy@mx3.nns.ne.jp

puppysmama-wonwon@ezweb.ne.jp

LINE ID・puppysmama

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + fifteen =