お得な、「抱き合わせ子犬販売キャンペーン」!

今朝の新聞折り込みチラシを見て驚きと怒りが・・・。
ペットショップの子犬の販売促進用のチラシです。

皆さんもご承知のようにコロナ禍より犬の価格が高騰してしまいました。
海外や国内の旅行やテーマパーク、ライブ、映画館と言った遊びにも行けなくなり、自宅での時間を有意義に過ごすためにペット(特に犬と猫)の人気が高まりました。
犬猫の生体価格はコロナ禍以前の2~3倍となっております。

我が家でも当分の間は以前の価格で子犬販売をさせていただいておりましたが、子犬を転売しようとする方(ペット業界人への卸販売ではなく、素人が儲けようとして)が現れはじめ、価格改正をする結果となってしまいました。
現状のペット業界では子犬の卸価格が20~30万円ほど。
それを下回る価格で子犬を譲ろうと考えると、何やら良からぬことを考える御仁が出没されます。

さて話を戻します。
ペットショップでは子犬の生体価格のほかに「子犬パック」などと言うセットが抱き合わせとなり追加で10数万円を請求されることがあるようです。
「子犬パック」とは、子犬を売ってあげるけど、ドックフードを1年分+生命保障を1年間+トリーミングが10回分などが付いて追加料金を取る手法です。

ここ数年流行っているペットショップのズルいやり方。
それでも十分嫌いな手法なのに・・・。

今朝のチラシは、子犬を特別キャンペーンでなんと半額で販売します!!
お客様には半額で子犬を買えたうえに、更に生命保障やペットフードをお付けさせていただけます!!
すっごいお得~

生命保障は100ヶ月も付いて、ペットフードは5年間の定期購入が義務ですと。
100ヶ月とは8年以上になります。
犬の年齢も8才を過ぎると病気などのリスクが高まり死亡率も上がるので生命保障はしたくなくなるのではと邪推してしまいそう。
生命保障料金を月額5,000円として、総額は50万円。
プレミアムペットフードが月額4,000円とすると総額は24万円。

これって酷くないですか?
消費者センターって黙っているのですか?
抱き合わせ商法のちょっとした詐欺。
だから口の悪い人には、ペット業界を犬屋とか犬猫を虐待しているとか言われる。
実家がペットショップなこともあり、お客様の利便性も考え、ペットショップも十分必要なものという認識があるのですが・・・。

こんな商売をしているのなら、ブリーダーとトリマー、それにホームセンターがあればペットショップは不要だと言うキャンペーンでも展開しちゃいますよ。

              

ドッグブリーダー パピーズママ
puppy@mx3.nns.ne.jp
puppysmama-wonwon@ezweb.ne.jp
LINE ID・puppysmama

          

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 9 =