新型コロナに感染したらペットのお世話を・・・

新型コロナウイルス感染症に対する飼い主さんがもつ不安「私が感染したら、この⼦をどうしよう」を少しでも解消できるよう「#StayAnicom」プロジェクトをアニコムが開始しました。本プロジェクトの概要をご紹介します!

2020年4月20日 配信  anicom you より引用(著作権法第32条)

   

ペット保険の最大手である「アニコム損害保険」の親会社アニコムホールディングスさんが、新型コロナウイルス感染者の飼育しているペットを預かってくれる「#StayAnicom」プロジェクトを開始しました。

このプロジェクトは、アニコムさんの保有する施設の一部を開放し、飼い主さんが隔離や入院をしている間、飼育されているペットを無償で預かってくれるそうです。

お預かりの間のお世話は、アニコムさんの獣医師を中心とした社員有志が対応してくださるとのこと。

新型コロナに感染してしまった飼い主さんのための無償のサービスです!!

アニコムさんによると、新型コロナウイルス感染症の拡大により飼育者の間では自分が感染したらペットをどうすればいいかという不安の声が広がっているそうです。

しかも、「コロナに感染し、ペットを飼育できる状況にない」飼い主であれば、ペット保険に加入していなくても可能だそうです。

さらにペットに持病があったとしても、日常的に内服している薬を持参すれば問題ないとのこと。

とりあえずは東京近郊の施設での預かりを予定しているそうですが、希望者数や、地域、状況によって規模を拡大も考えている様子。

アニコムさんでは、感染して困っている人に同プロジェクトを届けるため、SNSで「#stayanicom」のハッシュタグを付けての情報発信、拡散の協力を今も呼びかけています。

アニコムさんのアカウントでは、既にTwitter、Instagram、Facebookにて情報の発信を行っています。

   

素晴らしい対応です。

敬意を表します。

将来、ビジネスにつなげようとの思いもあるのかもしれませんがこのような緊急時に早々の対応を考えられ、実行に移そうとされている。

動きが速い。

まずは救おうとする気持ちが大切であることを分かっている。

会社の姿勢を素晴らしく思います。

ペットのために信頼できる会社であると信用します。

しかも無償で!

ペット業界に長くいる私たちですが、この会社を絶賛します。

   

実際にペットをどうしようという局面に達している飼い主さんや、これから検査の結果次第ではペットを預けてなくてはいけないという状況の飼い主さんも多くおられると。

一般の動物病院やペットホテルでも、飼い主さんやそのご家族が新型コロナウイルスに感染してしまいそのペットの預かりとなると二の足を踏んでしまうでしょう。

残念ですが見えないウイルスとの戦いですから仕方ないと思います。

しかしながら緊急の際、病に打ち勝たなければならない時に愛するペットのお世話をどのようにすればよいかを考えることは非常に困惑するばかりと思われます。

このプロジェクトがあればペットのお世話は安心していられます。

本当にありがたい。

   

アニコムさんからのメッセージです。

「飼い主として、わが子を守るためにもコロナに感染しないように気を付けている方がほとんどだと思います。しかし、どんなに気を付けていても、感染してしまう可能性はだれにでもあります。もし感染してしまっても、ひとりだと思わないでください。みんなで一緒にこの危機を乗り越えていきましょう。」

Twitter、Instagram、Facebookにてアニコムさんのアカウントをチェックしてください。このプロジェクトの情報の発信を行っています。

   

ドッグブリーダー パピーズママ

puppy@mx3.nns.ne.jp

puppysmama-wonwon@ezweb.ne.jp

LINE ID・puppysmama

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − two =