冬(寒い時期)にご注意いただきたいこと。

冬(寒い時期)にご注意いただきたいこと。

イタグレを含め子犬は寒さに弱い生き物です。
暑すぎる温度も苦手ですが、とにかく寒さは注意が必要です。
なにがあろうと人間の子供が過ごせられる室温に。
24時間、エアコンなどを利用しポカポカになるよう温度管理をする必要はありませんが、子供さんが快適に過ごすことのできる室温を目安に考えていただくと安心です。

秋以降はペットヒーター(あんか)を必ずご用意ください。
ペット専用のヒーターは電源ケーブル部分が噛み付いても痺れたりしないように金属が巻いてあります。
ヒーターのサイズは眠る時や日中のお留守居番を過ごすケージの半分程度をカバーできる大きさで。
暑ければヒーターから逃げることのできるスペースも大切です。

毛布なども保温には役立つのですがトイレの始末で汚すことも多いので洗濯のできる生地が良いと思います。

毛布と言えば、ペットシーツにもご注意!
便利で使い勝手がよく、衛生的でリーズナブルで。
以前はトイレ代わりに新聞紙などを利用していましたがペットシーツを使うようになってからは他に変わるものは考えられません。
1つ注意してください。
ワンコによってはペットシーツをおもちゃ代わりに噛み割く子もいます。
細切れにしたペットシーツをそのまま食べてしまう子も多いのです。
又、ペットシーツには、おしっこを吸水させるために吸水材(ポリマー)が使われています。
お蔭で極薄のトイレシーツでもたっぷり吸水してくれ零れることもありません。
ただその吸水材を食べてしまう子もいます。
噛み割いたビニールやポリマーを食べることは健康に重大な害を与える可能性があります。
大変便利なペットシーツであろうと頻繁に食べてしまう癖を持つワンコには躊躇しなくてはならないでしょう。

お散歩に行くことができるようになったら「道路の表面温度」を考えてあげてください。
人間と違って保温性の高いブーツなんて履いていません。
素足のままです。
霜の降りた早朝は無論、前夜降った雨などで冷たく濡れた道路もワンコには辛いだけ。
お散歩大好きのワンコであろうと飼い主さんが考えてあげて。
ワンちゃん用の靴を履くことのできる子だったらいいんですけど。
お洋服は着てくれても、帽子や靴は嫌がる子が多いですから。

冬の1番の敵は寒さ。
人間と比べて小さな体ですから寒さには弱いものと思っていてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 18 =