ブリーダーの条件

改めて、ブリーダーとは何が必要でしょうか?

犬と人とを紡ぐ者。
最適なパートナーとしてのワンコを、次の代に委ねる事が出来る者。
そう考えます。

必要な事柄や知識とは何でしょうか?

1.スタンダードに則った犬、健全な命としての遺伝子を持った犬、人とフレンドリーに接しられ、良きコンパニオンとして生活を供に出来る犬を見極める知識と目。
2.生態や行動に対する知識を有する事。
3.飼育方法。
4.衛生学。
5.マナー等躾の教育方法。
6.疾病に関する知識、遺伝性疾患に関する知識。
7.遺伝についての知識。
8.交配に関するテクニック。
9.出産に関する知識とテクニック。
10.育児、保育に関するテクニック。
11.仔犬販売に関する知識と情報、テクニック。
12.JKC等血統書申請・展覧会開催団体とのコミュニケーション。
13.愛護団体・組織とのコミュニケーション。
14.何よりも深い愛情。

今書き連ねただけでも、これだけは最低必要なのでは。
新しい飼い主さんや、知識を必要としている飼い主さんにお教えする義務があると思っていますから。
それにしても、こんなに多いとは…
恥ずかしながら、私達にもまだまだ不足しています。
更に知識を深めていかないといけません。
自戒を込めてブリーダーとして新たに思う事、必要とされた事を、しなければならない事を進めていきます。

ご紹介・挨拶

お気軽にお問い合わせください。090-3510-9663年中無休(必ずご一報下さってからお越しください)[puppy@mx3.nns.ne.jp] [ LINE・ID puppysmama]

メールでのお問い合わせはこちら